アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「日記」のブログ記事

みんなの「日記」ブログ


ハゴロモ

2008/06/27 13:33
よしもとばなな著です。

ハゴロモ:天人が着たという鳥の羽で作った衣。
だそうです。辞典によると。

この作品でのハゴロモって優しさとか温かさとかそういう意味合いです、きっと。
読んでて優しくなりますもん
ハゴロモのようなふわっとした感じの温かさ、といった印象受けました。

長い不倫生活から突然別れが訪れ主人公の女性が
故郷に戻る、という始まりです。


いつも側にいた人から別れを切り出される、これほどこたえるものはないと思います。
けどそれを自分の中で越えて、言葉にしようとしてもなかなか難しくて出来ない。
この作品はその難しい心の動きっていうか、変化というか
感じ方をすごく自然に何一つ難しくなく書いている。
だからすんごい体に入っていきましたね。


正常じゃない時の気持ちの変化ってほとんど病的だったりすると思うんです。
で、頭では自分やばいなぁとかなんとなくわかってる。
けど、心が伴わない。
だから苦しくて苦しくて心が保てなくなる
割と誰にでも経験のあることですよ。


で、この一つ失恋して田舎に帰るというのもよくある話です。
ちょびっと充電したらまた元の暮らしに戻るんです。
普通はね。
けど不倫です。割とヘビーですね。
普通の恋愛と不倫の違いは何か?
常に待ちの姿勢なんですよね。不倫って。
不倫には普通の恋愛以上のルールというものもある。
忍耐強くなきゃ、その山は越えられないってもんですよ。
それに必ず誰かの不幸の上に成り立っている愛の形。
なんかそれも愛と言い切っちゃっていいのかね?と常識を持ってすれば首をひねるところですけど。

結構一方的な別れなんです。
けど来るべきときが来たんだな、という結果でもあったと思うんです。
それを考えられなかった主人公の女性はよほどぬるま湯の中に長くいたんでしょうね。
不倫ってなんなのか?離婚してもらって自分と一緒になってもらう。
相手が側に感じられる距離の時は傲慢にもそれは当然と思うんです。
けど、色んな決心ってほとんどが日常の中に流されていって結局はなぁなぁの関係がずるずると
引きずられていくんです。
絶対に健康的な恋愛じゃないんですよ。
心が疲れるって一番嫌な疲れ方です。
心配したり疑ったり悪いものばかり呼んでしまう恋愛なんです。
じゃなんで奥さんいる人とそんな事になってしまうのか?
好きになったものはしょうがないじゃない、を言い訳にするのはあまりにも幼稚。
後腐れなく割り切れるほど、腹黒い女じゃなきゃしちゃいけない恋愛。
まっすぐ過ぎて好きになったらとことん進んで、
でもやってることは人から後ろ指さされるような事です。
分別持たなきゃ泣かされる女が後を絶たないんだと思った次第です。
なんでこんな不倫の恋愛について熱く語るかというと、
かつてそんな恋愛をして地元に帰ってきた友人がいるんす。
はっきり言ってぶっ壊れてました、その子
どんな状況なのかとかその恋が始まった頃から色々話も聞いてたし
行方が気になってはいたんです。
で、近頃終わりを告げて地元に舞い戻った、と。
だからこの手の恋愛についてよく考えたものです。
友人の不倫は、というか実際の生身の男と女の不倫って
もっとこう、なんていうか不安定で傍から見てたら苦しいです。
だからちょびっと熱くなってしまいました。すません。
作品の中ではドロドロとした部分がはっきり言って無かったと思います。
割とさくさくっと片付けられて行ってて、ま、話の中心がそこでは無かったので
恋愛中の事は深く掘り下げることもなかったんですがね。



で、田舎に帰った主人公がどうやって心を癒していったかがこの作品の柱ですね。
小さな町に帰ると記憶が蘇ってくる。
そしてその記憶を頼りに人と人とが、自分と町とが繋がっていく。
始まりめっさ暗かったのに、この辺になると全然陰の要素ないんですよ。
明るくなれるというか、柔らかいんですよね、全体の雰囲気が。
強引じゃないし、怖くもないし、激しいわけでもない。
たまにちょびっとさびしくはなるんですけど、それでもあったかい
そういう本です。


若いうちってどうしても恋愛が生活の中心だったりするし、
そうじゃないとその先が見えないというか、
周り全てに影響出ちゃうし。
けど、人の生活って年齢関係なく家族とか友人、知人とか
もちろん恋愛関係も含めて広い意味での社会との繋がりだったりするんですよね。
何気ないことだけど、自分を知ってる人と並んで座ってるだけで孤独じゃないというか。
読んでるだけで、あぁそうだよなぁ。と何遍も思うところがありました。
難しくないところが一番おすすめ出来る点です。
色んな事考えすぎたり、頑張りすぎたりした時に読むべき本かな、と思いました


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パラレルワールドラブストーリー

2008/06/17 23:13
東野圭吾です。
いつもの映画のネタが無いので最近見た本の話でも
と思いまして。


パラレルワールドって異次元の世界?なのかしらん、
と思ってましたが、そうじゃない。
異次元、すなわち4次元とかそういう空間の事を言ってるんではなくて、
現実の世界と平行して全く別の空間が存在するということです。
例えばね、
今、ここにあんずがいます。
で、ブログ書いてます。
そして今、別の空間で
あんずが誰かのブログを読んでます。
みたいな・・・。みたいな。
(わっかりにくいなぁ。)

小説とかSFちっくなものでは割と題材になりやすいそうです。
確かにね、おもしろそうだもんね。

で、話の中身なんですが。
タイトルが「パラレルワールドラブストーリー」だったんで、
淡い感じの恋愛ものを想像してたんですよ。
でもね。
記憶と脳科学のお話です。
人は科学によって記憶の改編ができるんでしょうか?
みたいな感じです。
で、記憶の改編に恋愛が絡んでます。
そもそも記憶の改編以前に記憶が記憶として人間のどこにあるのか?
ということがまずわかりませんよね。
頭のどっかだろうということはわかるんですが、頭のどの位置さ。
どの辺さ。
あんずはそう思うんです。

で、で、読んでくうちに東野ワールドにはまりますね。
現実の世界、平行して進むパラレルワールド。
どっちも交互に話は進められていきます。
読んでくとどっちが現実世界でどっちがパラレルワールドか
わからなくなっていきます。
東野ワールドに迷い込みましたね。
だからなおさら読むペースが早い、早い。
どんどん読んで、もうちょっと、もうちょっとでどっちが現実かわかる・・・
ぬぉー。


ラスト怖かったっす。
夜中に読んでたあたしもあたしなんですが、
怖くて本から顔上げれなかったっす。

ラブストーリーのはずがなんだか怖い仕上がりになってました。
これも東野さんが書く世界だからなんでしょうね。
怖い以外にもう一つ。
人の恋心は侮っちゃいけない。
だけど、人間の心そのものも侮っちゃいけない。
恋心以上に大きくて優しくて儚いものなんすよ。

科学は万能、と言われる時代。
でもまだまだ科学は野蛮なものなんでしょうかね。

こんな感じの感想です。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Are yu ready

2008/06/09 23:00
MINMIのAre yu readyが最近のお気に入りです。
結構前のアルバムnaturalの中の一曲。


MINMIにはまった頃はまだperfect visionが出たばかりで
この声いいわぁ〜。と聞きまくったんだけど、
その後も結構聞いてたんですが、
1年半くらい?離れてましたね。


それがね、
ほら最近MINMIベスト出したでしょ?
それで、たまたまPCに入ってたアルバムのnatural聞いてみよー、
みたいに思ってこの一曲に行き当たったわけで。

始まりの三味線からガツンとくるMINMIの声が良い。
やっぱ声かよ(笑
声だよ(笑


アユーーレイーディーーー!!
アユーレイーディーーーーー!!!(半音あげて)
みたいな。

この曲の次に入ってるのがFRIENDなんだけど、
急にまったり、しっとり・・・。
あ、なんかもう夕方だから家帰るね。みたいな雰囲気になります。
Are yu readyの次にこの曲持ってくるあたりも良いですね。


『手を繋ごうFRIEND 
この場所で
同じ時間を生きてる偶然だけど運命だから』


なんか信頼できる仲間がいるんだなぁと勝手に想像。
いい詞だね☆

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


☆お仕事☆

2008/02/05 21:19
数ヶ月このブログをほっぽってた訳ではないけど、
そんなような感じになってしまい、
気づいたら2月でっせ!?

なんちゅう時間の早いこと・・・。とほほ・・・。


あんずはなんとこの間に転職しました。
というか、転職したり、なんだかんだで
色々忙しくバタバタしておりまして
今の今までブログに手をつけれませんでした!



てか転職ですぜ・・・。
これまで結構流れるままに仕事をしてきたあんずですが、
今回の失職に伴う転職をいい機会と思い、
『お仕事』というのを改めて今更ながらに、
考えてみたんですね。
数ヶ月も。

何の仕事したいかなぁ・・・と
まるで就活前の学生のように考えてみました。
考えてみると意外にも
サービス、事務系は頭の中からことごとく排除でした。
そういう仕事の方が求人として多いし、
現にそんな感じの仕事を経験してきたんですがね。



人は根っから夢を見る生き物なんですかね。
その昔幼稚園に通ってた頃、
将来の夢、ケーキ屋さん!みたいなことを言ってたんですが
今もそういうものに心動かされます。
何かを造りたいとか、そんなことを考えちゃいます。
パティシエで生計立てて行こうと現実的に考えられる訳ではないので
すぐにそんな考えは吹っ飛んじゃいましたが。


まぁ、パティシエとかに限らず
何かを造り出す、生み出すってものすごく魅力あるんです。
あんずの中では。
何かを造り出して、人に見てもらいたい、人に知ってもらいたい、
何かを表現したい欲求ってあるんですね。

そしてそれが自分の仕事になるなら
それは幸せなことです。
金銭的な満足云々ではなくて、表現したい何かを
自分の好きな分野で表現する。
いいなぁ・・・。
ちょびっと想像しただけでわくわくな世界です。

そうは言っても堅実に将来を考えて、
安定を求め、その時の自分に合った仕事を選択する。
そういうものだというのは百も承知です。
そうなんですが、ねぇ。


夢を想像するまでもなく、
生活のためにどんな仕事でもしなきゃ、
と思う人がごまんといる現代でこんな妄想めいた事を考える余裕があるって
ある意味幸せかもしれませんがね。


例えば仕事でつまづきますよね。
どんな仕事でもそうです。
仕事の内容そのものだったり
人間関係だったり。
誰だって、どんな所でだってある筈です。
そのつまづきが、自分の中で処理できる範疇なら
あまり悩まないでしょう。
自分一人で処理できなくても相談したり
誰かに助けを求めたり。
何かしらの方法ってあるんですよね。
でもそういうの繰り返す中でどこかで自分をだましだまししながら
流れて行くこともあるんだなぁとふと思った時に
何のために働くんだろう??と思うようになって。
みんなそれぞれ役割があって、まわる一つのコマとして
仕事をします。
でもなんだかなぁ。
好きで選んだ仕事でないからそう思うんでしょう。
自分の本当にやりたかった事ではないから
許容範囲も狭いってもんです。
あーこどもみたい。
そう。こどもみたいなうんざりするような考えが頭をもたげます。

そこで、ここはもうサクっといこう。
きっぱりさっぱり、身を処しましょう!ってことで
辞職です。
辞めてみて思うことは
「あぁ、これはこれでよかったんだな」
という事でした。
きっと後悔するんじゃなかろうか、
と不安に思ってたとこもあるんですが
案外さばけてます♪
仕事には向き不向きがあるとよく聞きますが、
不向きでも一つのことを長く勤める事に意味があると
あんずは思ったりします。
なので転職ってちょっと自分の生き方に反すると思ってました。

が、たまに例外もありつつまた一つ良い経験が出来たなぁ。
そんな感じです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジュリーはどこ?

2007/09/02 17:55
あ〜あなたに〜♪
恋ごこーろ盗まれ〜て〜♪

大橋純子じゃ!
この歌も好きなんす。

シルエー♪シルエー♪(シルエットだよ)

伸びのあるあの声。どうです?素晴らしいじゃない。
あんなに伸びるのにぶれてない。真っ直ぐ突き抜けるあのお声。
あんなに伸びるのは夏川りみか大橋純子だけですぞ。

もう一度。

シルエー♪シルエー♪(半音あげて)


何年か前に沢田研二の「時の過ぎ行くままに」の
CDをレンタルしようと思ったんです。
でもね、何軒回ってもないのよ。本当になかったのよ。
置いてない訳ないじゃない?だって沢田さんすよ。
あのジュリーでっせ。なんでないのよ。

ない物は仕方ないので買っちゃおうかと思ったんです。
でもこれまた置いてないのよ。
何でなんすか?なんで置いてないのよ。
だからジュリーなんだってば!
店員さんに聞いてみたところ
「お取り寄せになります」
えー。

この際だ。なんとしてでもレンタルの方で探し出してやる!と思ったあんずは
懐メロコーナー片っ端から探すことにしました。
なんか70年代〜80年代の懐メロたちをたくさん
盛り込んだCDとか置いてあるじゃない?
おーおーおーおー!これこれ!
こういうのにジュリーがさりげなく入ってるんすよ!うへへ。

どれどれ?
・・・

・・・・・

・・・ん?
ないな・・・。
ジュリー・・・・
どこっすか・・・?

あんずのレパートリーにもなっている懐メロたちはたくさんいるのに
なぜだろう、ジュリー氏だけ入ってないじゃない。

やっぱ、あれ?
ジュリーってば別格なのかな?
たくさんの中に紛れる人ではないということ?

そういえば昔の映像なんかがたまにテレビで流れることあったけど、
ジュリーってばメイクしてるよね。
ちょっと派手めに。そいでハットを斜めに被ったりなんかして。
メイクも男性特有のどうらんにまゆ、とかじゃなくて
なんかもっと本格的な、アイシャドー!!みたいなメイク。
昔の玉置浩二のメイクをもっと濃いめにそしてカラフルにした感じ。

なんでもありなジュリー。だからこそたくさんに紛れる彼じゃないのね。

懐メロCDもたくさん凝視しすぎて目痛くなってきたし。笑
それにどんどん年代重ねると最近になってきて、
あんずも小さい時リアルタイムで聞いてた曲だー、なんて思ったりして
そうなるとどんどんあんずの中で価値が失われるっていうの?
あーなんか違うとかって思っちゃったりするんす。

歌自体に価値がある、ないじゃなくて、
懐メロとしてのあんずのヒットする部分がなくなるというか・・・。
ん〜説明しづらいなぁ。

そんな中ユーミン発見。
ユーミンは最近の方ですが、
荒井さんの時代のものです。
もうこれはヒットです!
卒業写真だー。わーい。

かなーしーことーがーあるーとー♪
ひらーくーかわーのー表紙ー♪

うえーん、えんえん。
泣きそ。
このメロディ切ないよー。
えーん、えんえん・・・。
ジュリーがいないよー。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


22才の別れ

2007/08/31 21:48
あーなたにーさよーならってー
言えるーのはー今日ーだけ〜♪

22才の別れという曲が大好きで
22才の別れという映画が公開されたと知ったとき
とても嬉しかったあんずです♪

この曲リアルタイムで聴いていた人はきっと40代くらいなんだろうけど、
あんずはその半分の世代です。がこの曲大好きです!!
基本的に懐メロ大好きです!!!
なんでだろう・・・・???

懐メロたちはぐっとくる歌詞が多いです。
『明日になって またあなたの暖かい手に 触れたらきっと言えなくなってしまう』

切ないね、っんとに切ねいよ。


カラオケなんかに行っても
あんずの場合は懐メロの出演回数が他の女子よりめっぽう多い。
「なんだよ〜それ〜」なんて笑われる。けど平気。
だって好きなんだもん。
それに今時の歌より懐メロの方が上手く歌える♪

今の歌はあれだね、複雑な音程が多いよね。
微妙に半音あげたり、それに変調が多いよ。
故に上手く歌えないことがとても多い。
けど、今の歌もそれはそれでとても好きなんです。
好きなんですが、懐メロも捨てがたい。

小林明子の「恋におちて」。ぁ〜不倫の切なさが詰まってるー。
沢田研二の「時の過ぎ行くままに」。落ちていこうぜ、どこまでも!
ちあきなおみの「喝采」。もう言葉がない!!

あんずがカラオケ行くと

安室→ちあきなおみ→aiko→小林明子→中島美嘉→テレサ・テン→YUI→沢田研二・・・

なんて具合に懐メロばかりです(てへ)
なんでこんなに好きなの!?
やばいですか。この年でこんなにはまってるとやばいっすかね。

親の影響がかなりありますね。
親が好きな歌手のカセットを車で延々かけてたからだと思うんです。
村下孝蔵とかよく聴いたっけ。
村下孝蔵、声いいよねー。
あの声はなかなか聴けない。
泣けるよー。

太田裕美の木綿のハンカチーフも大好き。
こっいっびとーよー♪
僕はーたーびだーつ〜♪
太田さん、あなたはどうしてそんなに若いんすか?
昔はそれはそれは可愛いと思うんです。声も顔も。
けど、今も変わらないよね。
なんでそんなに可愛い声出せるんですか?
すごいなー。
華やいだ街でーき〜みへの贈り物〜♪
てんてんててんって跳ねてるように歌いますよね、太田さんって。
そこがいい!そこが可愛い!
年上の女性の対して可愛いは失礼だろうか・・・?
でも可愛いものは可愛いもん。

ふと気づくと懐メロが頭をかすめるんで
機嫌がいい時に思わず口ずさむ鼻歌も大抵懐メロ。
「ふふふふ ふふふ〜ふっふふん(紅茶のおいし〜喫茶店♪)」
てな具合に。
やべーな。こりゃやばいな。あんず実際何歳だよ、とか思われちゃうね。
20代なのに。隠れ40代だな。(笑

そんなあんずは今でこそ周りも懐メロ好きを知ってるので
平気でカラオケで懐メロを歌うんですが
その昔、高校生の頃、突然「天城越え」とか歌っちゃって
当時のお友達をどん引きさせてしまった。(笑
高校生が「誰かにとられるくらいなら、あなたを殺していいですか」
とか歌うんだよ。引くっつーの(笑
しかももう懐メロとかじゃないし。
演歌だし。
石川さゆりだし。
ほくろだもん。

懐メロってカテゴリー作るかな?(笑

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


あんずのお酒、それは杏露酒♪

2007/08/19 23:00
お酒がおいしいと思えるようになったのは
20歳を超えてちょっと経ってからです。
それまでは飲んでても勢いというか
周囲の雰囲気で飲んでたというか
おいしいと口には出していたけど
それは本当の意味でのおいしいではなかったな、というか・・・。

考えがぐるぐるして一周したあんずです♪


あんずはお酒が好きです。
ワイン、日本酒が特に好き。

ワインなら赤。日本酒は辛口。
肴はあぶったイカでいい!!

そんなあんずが最近発見しました。

焼肉屋のカルビとビールの組み合わせが
この上ないほどおいしいと・・・!!!
衝撃!
おいしいんだもん。
こんなにおいしく感じたことなかったもん。
いつもお肉食べたら決まってビールも飲んでたけど
この年になって、というか今年になって、
肉とビールはこんなにうまいんかー!と初めて知った気分なんだもん。
タンとかもおいしいけど、豚トロとかも最高だけど
やっぱカルビなんだもん。
カルビ一口、ジョッキをグイ!
中ジョッキなんてすぐに空さ。

と、あたしは誰にこんなに力説してるんだ?笑

とにかくおいしかったと、いうことなんです。
もちろん今までもおいしかったんですけど、
なんて言うんですかね、
うまい!の感じが違う。
心意気が違う。
これが旨さかと初体験した気分なんです。

これってただ単に年食ったということなんでしょうか?

サラリーマンが仕事帰りに一杯引っ掛けてから
帰る気持ちがちょっとだけ分かっちゃったような。
踏み入れてはいけない領域ですよね。
おじさん化しとるあんずです。

あんずはあんずのお酒も好きです。
実はそこからこのあんずという名前も付けてます。
杏露酒が好きでお湯や三ツ矢サイダーで割って飲んでます。
三ツ矢サイダー割りが特においしい。
思い出したらまた飲みたくなってきた。(えへへ)

例えばこのときに感じるおいしいは杏のお酒そのものの味というか
味わいのことを指してるんですね。
で、カルビとビールというのはこのおいしいとは違うんです。
言葉的にもどちらかと言うと「おいしい」より「うまい」なんです。
ジューシーな肉汁にビールの酸味が駆け抜ける口の中!
んー!うまい!
体が求める的なうまさ。おいらは野獣か?
一瞬だけ、あっこのうまいは今までとは違うな、って感じて
そっからもうカルビとビールのとりこですよ。
カルビとビール。
カルビール。
ってかカルビーだな。
お兄さんカルビー一つ!!

あーやばい。
このままいったらメタボだよ。
それくらいカルビー三昧だよ。
メタボリックなあんずです。笑

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


今年は酷暑

2007/08/17 18:34
なんて暑さなんでしょうかね!!
毎日毎日大変っすよ!
あせもが!
なんつって・・・笑


暑いときは首の周りを特に冷やすあんずです♪

ニュースみて驚いた。
40度越えには驚いた。
埼玉の方々、えらい大変なことで。
すごい。いや、すごいなんてもんじゃない。
地球はどうかしちゃってるぜ!

地球を冷まさなければ!
でもどうやって?
だから温暖化防止とかって言って
排気ガスを抑えたり、
家庭の電気とかガスとかあまり使いすぎないようにしたり、
あとは・・・えーと・・なんたらかんたら・・・。

難しいぜ。
温暖化ガス(二酸化炭素とかね)によって
地上があっためられちゃうでしょ?
そのガスは光は通すけど、熱は溜め込んじゃう性質を持ってる。
熱を逃がそうにも逃げ出さない状態にしちゃってる。
地上で暑いと苦しむ人間が冷房なんかを使って
さらにそのガスを排出してる。悪循環。
土も少なくなったから植物も少ない。
植物がないと二酸化炭素を吸ってくれない。
アスファルト冷やしても空気はそうそう冷えないし。
てかすぐ乾くしね。熱を逃がせない。
やっぱ、難しいぜ。
裸で水風呂か!!
なんつって・・・。


熱中症も気をつけないとね。
なにも外にいるからって熱中症になるわけじゃないらしい。
お風呂場なんかも危ないらしいですよ。
汗が気化しないから、体温下がらないし。
サウナとかってこの時期経営厳しいっすよね。
だって外が天然サウナ状態ですもん。
ね。
頭くるよね。ぷんぷん!

あ、話がそれた。

暑さから感じ取るこれからの地球に思いをはせてみませんか、と
こういうことなんですね。

とりあえずアイスは箱買いだね。
だっていっぱい食べたいもん♪



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あちーあちー。台風怖い。

2007/08/02 22:43
なんなんでしょうか?この暑さ(>_<)

あんずです。


今日はとても暑かった〜。溶けそうだった〜。
今も溶けそうだ〜。

日本の北に位置する地域に住むあんずには
この暑さは驚きです。

30度越えなんかされた日にゃあもう、もう、もう
とろけます 笑

なにやら九州、関東方面は台風の影響で
天気が荒れたり、くずれてきているそうですが。

それもそれで大変ですよね(・・;)

台風は地震についであんずにとって怖いものの一つです。
自然の驚異ってなんかもうどうにも出来ないっしょ。
こちらから攻めることも出来ないし。
防御しかないわけで・・・。

日ごろからきちんとした備えが必要なんですね!
(いつになくまじめ)



暑い時ってどうしても、やってはいけないことをしてしまうあんず。
例えば冷蔵庫開けっ放しにして顔をつっこむ 笑
普段はあまり用のない冷房をガンガンつける。
冷房は多少はいんでしょうけど、
その設定温度がまずい!
19度!!

怒られちゃうね (だれに?)

政府が勧めている設定温度は夏は28度だそうです。

そんな温度、あんずにとっては
「うっそだー。28度って灼熱でっせ?」
っていう温度です。

体温調節の出来ない体なのかしら?
うふ。

まぁ北国の人間は寒さには強いが
暑さには弱いと相場が決まってるんです。

そんなもんです。

コンビニ入ると
「あ、ここは天国だねぇー」
と一人うっとりするあんずです。


数年前の真夏、都内で38度というありえないくらいの
温度を観測したということで
ニュースにのってました。
その時のキャスターだか誰かのコメント

「殺人的な暑さです!!!」

鬼気迫るものがありますよ。
だって、
殺人的って
・・・ねぇ。

その言葉を聞いた途端
かつて観た白黒映画を思い出しましたよ。
記憶も途切れ途切れなので
なんの情報も知識もございません。

外国の映画でした。
内容はただただ気温が上昇し、人々は為す術なく
一人、また一人とパタパタ倒れていっちゃう、
という感じ。

女の人が外を見て、もうだめだわ的な表情を浮かべ
パタン・・・。
老人がわしゃぁもう・・・と言い残しそうな雰囲気で
パタン・・・。

そりゃ怖いですって!
そんな状況怖いですって!

ニュースをみて
それを思い出したんですって!

んでもって
今日のこの暑さでまた思い出したんですって!



あー
オーストラリアで涼みたい。


あ、でも考えてみたらパソコンつけっぱだと
部屋の温度急上昇するんだった。



今、
窓開けたら意外と涼めました。
きゃは☆

てんめー!と思った方どうぞ怒らないで。
暑さって人をおかしくするんです(必死)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


人間関係ですぞ

2007/07/30 18:50
バーラが咲いた〜♪
バーラが咲いた〜♪
真っ赤なバ〜ラ〜が〜♪


真っ赤じゃないよ
ほんとはちょっとピンクだよ。



あんずです☆
画像

画像はっつけてみた♪
でかくない?
あらくない?

まだまだ初心者よ(>_<)

お庭に咲いたバラがあんまり
ピンクピンクでかわいかったので
部屋に飾ってみました。

周りにはごちゃごちゃと
ペンやらロウソクやらロウソク入れやら・・・。


花は癒されます。
なごみます。
花束も好きですが、一輪でも十分です。
色々疲れた時なんかはよくお花に癒されるあんずです。


何に色々疲れるか。
特に感じるのは人間関係ですかね。

とかく女の人間関係は特殊で、これまた面倒くさいこと然り。
(意味不明な文だな↑ 笑)


まずいこと言っちゃったかなとか
あの人の様子が最近変だな、避けられてる?とか
妙な噂が立っちゃってるよ〜どうすんだこれー、などなど。
以前は特に気にしなかったもんですが、
年重ねるごとに問題って複雑化します。
きっとあんずの試練なんでしょう、と思うことにしました。

けど気を使いすぎ、考えすぎ疲れちゃって疲れちゃって・・・。
体力的な疲れとは異質の脱力する疲れって言うんですかね。

あんずは見た目で結構損をするタイプです。
自分でもそう思うし、人からもそう言われます。
誤解されやすいとでも言うんでしょうか。
なもんで必要以上に説明を求められたり誤解を解かなければと
四苦八苦することもありました。

人の悪意ってなんなんでしょうかね?
なぜに何ゆえに?と思います。

わからない、わからないとよく考えては
落ちて落ちて、たまに折れそうになりつつ
生活することもありました。

けど、ある時ふっとこう思いました。
自分に原因があるとばかり思ってきましたが、
自分は人に対して悪意を持って接してはいない。
問題があるとすれば相手の方にだろう、と。

何かにつけケチをつける人間。
面白半分で噂を流す人間。
悪意をもって陥れようとする人間。
皆当人に問題があるんです。
そんな人に時間を使うのはもったいない。
こっちは何もせず、今までどおり
揺れることもなく、落ちることもなく過ごすべきなんだと。

時が経ち、また流れは変わるはずですから。
物事はずっと同じということは無いと思ってます。
必ずどんな方向であろうと物事は動いていきます。
それを待つということを覚えました。

それに人の悪意には限度があります。
なぜかと言うとその人間にも生活があるからです。
刑務所に入るような罪を犯してしまうのは別ですが、
日常生活範囲内で行われる悪意にはやっぱり限度があるんです。
パターンがあるとも思います。
大体おんなじような事をされたりするものですから。

それに傷つけるのも人なら
助けてくれるのもまた人なんですよね。
だからあんずはどんなことをされても人間嫌いにはなれません。




職場で噂というか情報操作とでも言うんですかね。
そんなことをされある日突然解雇されたこともありました。
自分から職場を去ることもありました。
結構大変なあんずです。
めげますが必ず復活します。

「あー人生には笑いが必要だなぁ」
「あ、笑いと音楽が必要だなぁ」
「やっぱし、笑いと音楽と映画が必要だなぁ」
「甘いものも欲しいなぁ」

こんなことを考え復活してまいりました。
そして自分にご褒美だとお花を買います。
庭のバラを拝借します。
そんな風にしてまた明日もがんばろうと思います。
疲れたときには花効果を試してみませんか?
癒されまっせー♪








記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
難しいなぁ・・・
トラックバックしてみました。 初体験でこざいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 23:15
あんずの休日
「真っ黒けだね」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 11:41
禁煙て・・・
わたくしおなごです。 たばこ吸います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/25 21:31
新!
今日から新しいブログ〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/24 16:17

トップへ | みんなの「日記」ブログ

らんらん〜♪ 日記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる